根保証と極度額

根保証とは、一旦契約をしてしまうと、債権者がそのあとで、また同じ債権者が何度も取引をするといったときに、書類を用意して契約のために保証人にも 書類に署名してもらったりといったことを省くというシステムです。
債権者にとっては便利な制度ですが、連帯保証人からみると、非常に危険なことといえます。
根保証は、一般の借入金への保証とは違って、融資枠に対しての保証なのだそうです。
このとき、根保証と極度額ということがありますが、根保証契約には、極度額と期間というものが定められています。

極度額が1000万円で、契約が3年といった場合、150万円の借金の保証人を請け負ったとしても、根保証契約の場合は、借りる枠が1000万円限度ということになると、 3年の間に何度でも、借りたり返したりということを繰り返すことができます。
期間内に何度も借りたり返したりを繰り返し、最終の金額がどのぐらいになるかは、期限が満期になるまでわかりません。

つまり、保証人は1000万円マックスの枠に保証をするという契約をしてしまったことになります。
保証人契約をしたときは、150万だったので、そのつもりでいたら、いつのまにか1000万の負債への保証人になっていたということがあります。
ですから、保証人になるときは、これらを確認する必要もありますし、一番良いのは保証人を引き受けないことですね。


カードローンの参考サイトはこちら

オリックスVIPカードローン審査!ネット申込窓口【即日スマホ対応】
人気のカードローンって?どれを選んだら良いの?
口コミでも評判のオリックスVIPカードローン。その特徴をご紹介!
www.okanekariru-shinsa.com/

Copyright (C) お金を借りるには、まず… All Rights Reserved